第13話「闇試合」

この漫画はフィクションです。登場する人物・団体・名称・地域等は架空であり、実在のものとは一切関係ありません。

 

 

謎の女は花雪のメンターとしてサポートするリワーノという 女性だった。リワーノから自身は”心の病”に患っていると明かされ る。疑問に感じていたスカウトされた理由を聞いた花雪だがその内容に 心の変化が生まれ始める。そして2人の様子が気になって家に現れた 峰巳によって練習試合の先発を突然告げられる…

練習試合当日

ナイスボー!よーしラスト3球だっ!え?まだまだ投げたい…アホ!今日試合だぞ!!ったく……気合入りすぎだぜこの新入生は…でもこのままの調子でいてくれれば試合になりそうだな………しかし立ち投げでマスクを付け集中力マックスで捕る事なんてあったかなーそんくらい今日のコイツのボールは…キテるぜ!

ハナユキー!ちょっといいかしらこ…これは!?




 

き…着替えましたよっ大将!

恥ず…サマになってるねぇ~ええ…ジャストサイズで良かったわど…ども6年ぶりか?正装は良いモンだろま…まあ…でもちょっとヘアスタイルがバッドね…確かに!リワーノの言う通りだ試合までまだ時間あるわね中を変えるにはまず外からよどうせなら誰か分からないくらい別人にしてあげるわ

っとーもうこんな時間かそろそろ球場に向かわなきゃあっ社長!今日のオーダーだありがとうございま……しゃっ
社長!指名打者を使わない

のですか




ミネミ…悪かったわね…結果ハイウェイ使うハメになっていやいや!全然!気にしないでくれよ!だってー俺の車の助手席にリワーノが座ってるんだぜ?こんな至福の空間はないぜハナユキ…バット持ってきたの?アナタはいらないわよえ…?…大会はDH制よピッチャーがバットを持つことはまず無いわもちろん今日のトレーニングゲームもねそ…そうなの!?

まあ備えあれば患いなしだ!ウチの社長はたまに何考えてるか分かんねー時があるからな…そうね一理あるわあの…でも
草野球の試合なのにこんな夜からやるんでーだねまあな俺らのやってる野球は表立つことを許されていないからな…?というと……お前も怪しげな地下球場で見ただろ?俺たちの参加している大会はズッブズブのギャンブル野球よあんなん違法賭博も甚だしいぜそして今日の試合も似たようなもんで通称「闇試合」と裏では呼ばれているや…闇試合…?ああ…簡潔に言うと金を賭けている…勝敗でな!だからこんな時間に人里離れた球場に向かっているのさか…金?いくらなの…?今日はなんぼだっけ?

たしか…イチオクエンくらいだったかしら一億!?まあその辺は気にしない気にしなーい




 

※当サイトのコンテンツ(画像等)を無断で複製、転載、改変、その他の二次利用をすることを固く禁じております。
※当漫画の内容は予告なしに変更する場合がございます。(誤字・脱字等)
予めご了承ください。
 

Twitterフォローお願いします。